今あるいろんなうつ病の原因と対策について知ろう

 

抗うつ剤の役割

セロトニン再取り込み阻害

うつ病の原因となるのはストレスだと言われています。それが、心を曇らせ、雨をふらせ、台風を呼ぶというわけなのです。
とはいえ、ストレスと言われても感じるのは人それぞれだし、どちらかと言えば「ふわっとした言葉」というイメージがある人も多いでしょう。
だから、抗うつ剤の役割というのもただ何となく気分をアゲアゲにすることが出来る薬なのではないだろうかという、誤った認識を持たれていることが多いのです。
うつ病を治す抗うつ剤は、決して気分を高揚させることがその役割ではありません。抑うつ状態を引き起こす原因となる、脳や神経の動きに作用する薬なのです。たとえば「セロトニン再取り込み阻害」というのもそのひとつ。セロトニンは脳内物質で、神経伝達の働きをしています。心が活発に働いているとき、セロトニンがたくさん脳内を飛び回っているのだと考えればわかりやすいでしょう。
このセロトニンは普段から、いったん活用されたあとは元あったところに再取り込みされて作り直されるというプロセスを経ますが、まれに、セロトニンが再取り込みされすぎて、脳内で実際に働いてくれるものの数が極端に少ないという場合があるのです。当然ながら神経伝達は上手くいかず、心は活発とはほど遠い状態になってしまいます。これが、うつ病の原因であると言われているわけです。
抗うつ剤の役割のひとつであるセロトニン再取り込み阻害は、セロトニンをいつでも脳内に満たして、心の活発な状態を維持することを目指すものなのです。

その他の役割

うつ病の、実際のトリガーとなる原因は、セロトニンを始めとした脳内物質の再取り込みにありますが、原因となるものはセロトニンだけではありません。ノルアドレナリンという物質も、同じようにいつもより多く再取り込みされてしまい、それが原因となってうつ病が起こるというパターンもあるのです。ノルアドレナリンは神経伝達の中でも、とりわけ「何かをしよう」という意欲を高めることをその役割としています。
ノルアドレナリン再取り込み阻害の働きを持つ抗うつ剤は、人が食べたり眠ったり仕事をしたりするための意欲を取り戻すために、使われるのです。

Copyright(c) 2015 今あるいろんなうつ病の原因と対策について知ろう