今あるいろんなうつ病の原因と対策について知ろう

 

クリニックに行く

迷ったら「内科」

うつ病の原因は、さまざまなストレスによって心の動きを明るく活発なものにする脳内物質の数が減ってしまうこと。
その原因に合わせた治療を行うため、病院やクリニックといったところにいるお医者さんが、診察してくれて、薬を処方してくれます。うつ病になってしまった私たちが行くべきところは、お医者さんのところなのです。
けれど、たとえば市立病院のような大きな病院へ行って院内図を見てみると明らかなように、病院にはさまざまな医科があります。内科や外科、その他もろもろ。心に関する治療を担当していそうなところも、複数見つけることが出来ます。精神科、神経科、心療科……どこへ行けばいいのかと迷ってしまいます。それがストレスになってしまうという人もいるでしょう。病院へ来たことが原因となってうつ病が悪化するなんて、笑えない話です。まずは、ここを何とかしましょう。

とはいえ、これはそれほど難しいことではありません。どこに行けばいいかわからないとき、ちょっと診てくれて、どこに行けばいいか教えてくれる医科があるからです。それは内科です。内科という医科は、最近では「総合診療科」のようなネーミングで呼ばれることも増えていますが、ある人体の部位とかある病気とかに深い専門性を持つところというよりは、今その体に何が起こっているのか、どんな治療が必要なのかということを判断してくれる医科なのです。
鬱々とした気持ちを抱えているからといって、うつ病であると100%決まったわけではありません。うつ病に似た病気であるということもあります。
まずは内科、あるいは総合診療科に行って診察を受け、どこに行ったら良いか明らかにしてもらいましょう。

メンタルクリニック

病院には神経科とか心療科、精神科といったさまざまな名称の医科があります。精神科や心療科といったところが、心の問題であるうつ病の専門科であると言われています。神経科というところは、神経系の物理的な欠損とか病気とかを治療する医科であり、うつ病を治療する医科とは少々毛色が違うところです。とはいえ、うつ病もまた神経系の不具合が原因で起きるものだということが明らかになっていることもあって、まったくの専門外であるというわけでもありません。

さまざまな原因と症状のあるうつ病を、総合的に治療するところとしてあるのが「メンタルクリニック」です。
語感もやわらかく、足が向きやすいようになっているのが特徴です。

Copyright(c) 2015 今あるいろんなうつ病の原因と対策について知ろう